公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2022年3月5日(土) 主催公演

NAOTO&清塚信也 アコースティックデュオコンサート

NAOTO&清塚信也 アコースティックデュオコンサート

ポップス&ロックを表現する唯一無二のヴァイオリニストNAOTO繊細かつダイナミックな演奏で観客を魅了し続けるピアニスト清塚信也が贈るアコースティック・デュオコンサート♪

チケット発売中

  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • チケット情報

    チケット発売日

    令和3年12月26日(日) 発売開始

    【受付初日のみ】

    窓口10:00~(座席指定)/電話予約14:00~(座席指定不可

     

    料金

    【全席指定】 5,000円(税込)

     ※未就学児の入場はできません。

    チケット取り扱い

    宮崎市清武文化会館 窓口

     

    ≪プレイガイド≫

    ・宮崎市民文化ホール

    ・宮崎市民プラザ

    ・西村楽器micc本店

    ・ローソンチケット 

     https://l-rike.com/ (Lコード:81747)

    ・チケットぴあ       

     https://t.pia.jp/ (Pコード:209-180)

    ・宮崎市清武文化会館オンラインチケット

     https://ticket.kxdfs.co.jp/kpb-s/showList

  • 出演者プロフィール

    NAOTO
    NAOTO

    東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。

    クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらのアクロバティックな演奏など華麗なパフォーマンスで人気を博す。ドラマ「のだめカンタービレ」では、オーケストラの選考、吹き替え演奏、楽曲提供、そしてドラマに役者としてゲスト出演し、一躍注目を集めた。

    2005年に、EPICレコードよりメジャーデビュー。2017年には、自身のレーベルを立ち上げ、2019年に通算9枚目の「Polyvalent」を発売。デビュー15周年を迎えた2020年には、配信シングル「Shining」「Stay With Me」を同時リリース。2021年には、デビュー15周年を記念して、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて開催された「NAOTO 15th Anniversary Live -The New Black-」のライブDVDを発売。

    アーティストからの信頼も厚く、近年では、宇都宮隆、大黒摩季、世良公則、谷村新司、AI、柚希礼音、押尾コータロー、DEPAPEPEなどと共演。2019年9月にポルノグラフィティのデビュー20周年東京ドーム公演に、シークレットゲストとして出演。SNS上で話題になりTwitterトレンドで世界第1位になる。

    Shick「ハイドロ5カスタムコンフォート」のスペシャルムービーに出演、250万回再生を突破した。作曲家として、NHK「スタジオパークからこんにちは」を始めとするテレビ番組やたくさんのCM、劇団TEAM NACSの主宰公演の音楽監督を担当。東日本大震災以降、福島県須賀川市の小中学校を定期的に訪問し、その活動が認められ2015年に須賀川市観光牡丹大使に就任。日本スープカレー協会広報宣伝担当理事、カレーマイスターの資格取得、ラジオパーソナリティー、TV朝日系列「関ジャム∞完全燃Show」出演など、活動は多種多彩に渡る。ますます進化を続けるNAOTOにさらなる注目が集まっている。

     

    NAOTOオフィシャルサイトhttps://naoto-poper.com

    清塚信也
    清塚信也

    5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。 1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

    人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当し、脚光を浴びる。ポーランド国立放送交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団他、数多くのオーケストラとの協演する傍ら、知識とユーモアを交えた話術と繊細かつダイナミックな演奏で全国の聴衆を魅了し続け、年間100本以上の演奏活動を展開。2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビューし、2015年9月公開映画「ポプラの秋」(主演:本田望結)ではメインテーマおよび劇伴音楽の作曲&演奏を手掛け、TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』(2015)(2017)(主演:綾野剛)ではピアノテーマおよび監修を手掛けるほか、ライブハウスのマネージャー役でも出演。2017年1月公開映画「新宿スワンⅡ」(主演:綾野剛)、2018年5月に東京・日生劇場ほかで開催した舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」(主演:吉田鋼太郎)では劇中音楽を担当するなど作曲家としても活動の幅を広げ、『Fantasy on Ice』(2017)(2018)では、世界的なフィギュアスケーター(ステファン・ランビエル、ジョニー・ウィア、羽生結弦選手など)と共演する。

    アルバム「SEEDING」では初のオリジナル・バンド曲に挑戦するなど新たな一面も見せつつ、2019年8月16日には邦人男性クラシック・ピアニストとしては史上初となる日本武道館での単独公演を開催。年末には第70回NHK紅白歌合戦に「糸」(島津亜矢と共演)で初出演。

    2020年47都道府県ツアー「名曲宅配便~ピアノが奏でる特別な時間~」を全国各地で開催。5月放送の日台共同制作ドラマ「路〜台湾エクスプレス〜」(主演:波瑠)では主題歌および劇伴音楽を担当する。2021年ミュージカル「GOYA-ゴヤ-」(主演:今井翼)の音楽監督として劇中音楽の作曲を手掛け、全編書き下ろしとなった新作ミュージカルは各方面からも高く評価される。4月にディズニー公式ピアノ・アルバム「BE BRAVE」、9月に新作「眠るためのピアノアルバム~beautiful sleep~」を発売。作曲家としてドラマ・映画・舞台の劇伴やテーマ曲を手掛けるほか、Eテレ「クラシックTV」ではMCを担当し、斬新な切り口で幅広い音楽の魅力を伝える。

    マルチピアニストとして次々と新しいフィールドへの挑戦を続け、常に話題と注目を集めている。

     

    清塚信也オフィシャルサイト http://tristone.co.jp/kiyozuka/

お問い合わせ

宮崎市清武文化会館:0985-84-0181

開館時間:8:15~22:00 

※窓口受付は8:30~となります。

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

 

備考

~新型コロナウイルス感染症対策に伴うお客様へのお願い~

・マスクの着用・入室時の手指消毒・検温実施のご協力をお願いいたします。

・体調不良の方はご来場をお控えくださいますよう、宜しくお願いいたします。

・新型コロナウイルスの感染状況によっては、入場制限・内容の変更・公演等の中止を行う場合がございます。

宮崎市清武文化会館

 〒889-1613 
宮崎県宮崎市清武町西新町6番地5
交通アクセス
TEL.0985-84-0181 
FAX.0985-85-4422

お問い合わせ